月別アーカイブ: 2020年5月

ギリシャ、コロナ後の観光始動

520日(水)、観光大臣の発表によると、ギリシャでは5月25日から国内観光が段階的に再開される。最初に解禁となるのはセーリング(ヨット)。次に6月1日からキャンプが解禁となり、通年営業しているホテルも営業再開。一方、季節営業の宿泊施設は6月15日から営業開始。

外国からの観光客受け入れは6月15日から始まり、まずはアテネ国際空港限定で国際便発着が再開、日本を含む約20カ国からの観光客を受け入れる。

第2段階として7月1日から受け入れ対象国を増やす(新型コロナウイルス感染問題が落ち着いていない国を除く)とともに、国内のすべての空港において全世界の大半の国(新型コロナウイルス感染問題が落ち着いていない国を除く)からの到着を許可する。7月15日からは段階的に残りの規制を解除することをめざす。

規制解除が段階的に進んでいるギリシャ

ギリシャでは4月下旬に一部の裁判所などの司法手続きが再開したのを皮切りに、段階的に規制解除が行われています。文化省の発表によると5月18日から全国の遺跡の営業が再開、6月15日から博物館が再開の予定です。また、6月1日からは飲食店やホテルも通常営業を再開予定。学校はすでに段階的に開き始め、教会も礼拝や結婚式・洗礼式などの儀式を5月中旬から再開します。

観光立国のギリシャでは、これから始まる観光シーズン(6月から9月)に新型コロナウイルスの影響で観光客が来ないのは死活問題なので、積極的に規制解除とコロナ対策を並行しておこなっています。

5月11日現在、これまでにギリシャで確認された新型コロナウイルス感染者数の合計は2,744人、死者は152人となっています。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う営業休止の延長について

ギリシャプラザ(東京都港区六本木)は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う東京都の緊急事態自粛要請に従い、5月31日までの間、営業を休止させていただきます。 尚、ご相談・お問合せ・お申込み等はオンラインで対応していますので、まずはメールまたはお電話でご連絡ください。