ギリシャ国内の聖火リレー中止

3月12日(木)、オリンピアでの聖火採火式は新型コロナウィルス感染防止の厳戒態勢の中、無観客で行われました。そしてその後、ギリシャ国内での聖火リレー開始。
13日(金)午後、聖火リレーの途中、スパルタで行われた祭壇の聖火セレモニーでは映画「スリーハンドレッド」主演俳優のジェラルド・バトラーが聖火のトーチを持って登場。しかし、彼を一目見ようと多くの観客があつまったため、ギリシャオリンピック委員会はコロナウィルス感染拡大を懸念して急遽聖火リレーの中止を決定。これ以降の聖火リレーも取りやめとなってしまいました。3月19日(木)にアテネで予定されている東京への「聖火引継ぎ式」は無観客でおこなわれるということです。▼以下リンク動画はスパルタでのセレモニーの模様。10分過ぎ頃からが見どころです! https://ioniantv.gr/sparti-teleti-lampadidromias-tis-olimpiakis-flogas-2020-paraskevi-13-martiou/