規制解除が段階的に進んでいるギリシャ

ギリシャでは4月下旬に一部の裁判所などの司法手続きが再開したのを皮切りに、段階的に規制解除が行われています。文化省の発表によると5月18日から全国の遺跡の営業が再開、6月15日から博物館が再開の予定です。また、6月1日からは飲食店やホテルも通常営業を再開予定。学校はすでに段階的に開き始め、教会も礼拝や結婚式・洗礼式などの儀式を5月中旬から再開します。

観光立国のギリシャでは、これから始まる観光シーズン(6月から9月)に新型コロナウイルスの影響で観光客が来ないのは死活問題なので、積極的に規制解除とコロナ対策を並行しておこなっています。

5月11日現在、これまでにギリシャで確認された新型コロナウイルス感染者数の合計は2,744人、死者は152人となっています。